Appleも認める便利さ!モバイルSuicaのメリットって何?

スポンサーリンク

こんにちは。じゃんです。

 

f:id:jan2224:20160826190148g:plain

今日は僕が愛用している「モバイルSuica」についてです。

正直、これを使ってない人はどれだけ不便な生活してるの?って感じです。

特に都内や大都市圏に住んでる人は時間など凄く無駄にしてますよ!

 

モバイルSuicaとは

スマホ・ケータイで使えるSuica

JR東日本が提供している非接触ICカードを用いた電子マネーです。

そしてモバイルSuicaとはその名の通りモバイル端末(スマホやケータイ)で使えるSuicaの事を指します。

端末に専用のアプリをインストールし、支払うクレジットカードを登録するだけで使えるようになります。

 

Suica自体は2001年からモバイルSuicaはその5年後の2006年からサービスが始まっています。

ちょうど今年で10周年ですね!

 

 

どこが良いの?カードのSuicaとの違いは?

財布がいらない!

カードのSuicaを使っている方はちょっとコンビニへ買い物に行くときって何を持って行きますか?

 

財布とスマホを持っていませんか?

 

荷物減らしませんか?

 

モバイルSuicaならスマホだけで良いんですよ!

わざわざ財布を持ち歩く必要がなくなりますよ!

これはちょっとした買い物だけなら凄く楽です!

 

 

残高がすぐに分かる!

最近はSuicaの残高がわかるパスケースなんて物も販売されています。

 

 

モバイルSuicaならそんなのスマホの画面で一発解決ですよ?

というかそもそもパスケースなんていらなくなりますよ?

 

 

オートチャージ・どこでもチャージ!

朝の通勤ラッシュ時に改札を通ろうとして残高不足で引っかかったことありませんか?

朝の時間帯にあれをやってしまうと周囲の目線が冷たかったり、

わざわざ券売機にチャージしに行くの面倒じゃないですか?

 

モバイルSuicaなら予め設定した残高額を下回った状態でJRの改札を通ると、

一定金額を自動でチャージしてくれます。

(一部のカード式Suicaでも使えますが、特定のクレジットカードの契約が必要です)

 

さらにモバイルSuciaならネットに繋がっていればアプリの画面から手動でチャージすることもできます。

コンビニで公共料金の支払いをするにはちょっと残高が足りない時など手動で数千円チャージすればすぐに払うことができますよ!

 

 

新幹線チケットの購入もできる!

モバイルSuicaならそれだけで新幹線のチケットも購入でき、スマホが新幹線のチケットになります。

なのでその気になればスマホだけで新幹線旅行ができちゃいます。

(流石にそのレベルの旅行なら他の荷物があるでしょうが・・・笑)

 

日にちと時間帯を入力すればその前後の新幹線の空き状況を簡単に確認でき、

座席指定まで簡単にできます。

僕は大学が東北だったので、社会人になってからも年に数回東北に行きますが、毎回これを使っています。

普段の在来線と同じで改札機にスマホを近づけるだけで新幹線に乗れるのですごく楽ですよ!

 

 

普及に課題あり

FeliCaという独自の規格

前述したとおりモバイルSuicaはとても利便性が高く、普段からSuicaを利用している方ならメリットは沢山あります!

しかし、何故あまり使ってる人がいないかと言うと

スマホでモバイルSuicaを使うには対応したICチップ(FeliCa)が内蔵されている必要があります。

そしてこのFeliCaというICチップが曲者です。

 

これを技術的に解説すると長くなってしまうのでざっくりと説明すると

現在、iPhone、Android問わず多くのスマートフォンにはNFCという非接触通信を行うためのICチップが内蔵されています。

主な用途としてはiPhoneではApplePay(日本未展開)、AndroidではBluetooth機器の接続を簡単にするために使われています。

 

そしてFeliCaとはNFCの機能をSONYが日本の改札の混雑度でもスムーズに処理できるように反応距離、処理速度を特化したものというイメージです。

 

ユーザー目線で考えれば高速で処理出来たほうがいいのでは?と思いますが、

それは我々が日本人だからです。

外国で電車に乗ると分かりますが朝のラッシュ時でも都内ほど人混みになる国はそうそうありません。

 

なので外国人から見たら日本が異常なだけであって、NFCの通信速度でも十分に処理しきれると判断されていますました。(過去形なのは後述)

実際、FeliCaのICチップはNFCのICチップに比べ高価な部品が必要になるので、不必要ならばコストを抑えるために載せないそうです。

 

これがiPhoneを始めとする日本以外で販売されるスマホにFeliCaが搭載されない主な理由です。

 

よって高価な端末でも売れる国内キャリアのスマホにだけFeliCaが搭載されており、モバイルSuicaのヘビーユーザーである僕はスマホだけは国内キャリアから出るAndroidしか使うことができませんでした。

 

ついに見えた希望!

NFCとの歩み寄り

そうした中で先月、このような報道がありました。

グローバル携帯でのモバイルSuica利用についに道筋が。将来のiPhoneでも利用可能に?(モバイル決済最前線 鈴木淳也) - Engadget Japanese

 

NFCの規格を定める機関「NFC Forum」へJR東日本などが長年強く訴えてきたものがついに認められ、両者歩み寄る形となるものです。

詳しい技術は割愛しますが要するに、

 

NFCと名乗るにはFeliCaも使えるようにしないとダメだよ!

 

という事です。

そしてこのNFC ForumにはiPhoneを製造するApple社も参画しておりNFCを利用する以上、iPhoneにもFeliCaが搭載されるのでは?と一部で盛り上がっていました。

 

しかし、この発表されたのは7月なので例年9月に出る今年の新型iPhoneには間に合わず、2017年以降だろうと憶測が拡がっていました。

 

iPhone7に搭載される!?

そんな中、まさに今日(8月26日)こんな一報が流れました。

 

iPhone 7 /7 Plus(仮)がFelicaに対応とBloomberg報じる。iPhoneでおサイフケータイ実現か - Engadget Japanese

 

7月とは一転して今年の新型iPhoneにFeliCaが搭載され、モバイルSuicaが使えるようになるとの報道です。

元々Appleは従来のNFCを用いたApplePayという決済サービスを各国で行っていました。

しかし、日本はおサイフケータイの土壌が強く、開始されるとの噂はありつつも実際にはサービスインされていませんでした。

そこでAppleは逆転の発想にいたり、iPhoneにFeliCaを搭載する事で日本でもサービスインさせる戦略に出たのです。

(この狙いもあってNFCForumでもFeliCa側に立ってたりしたんですかね?)

 

もしこれが事実ならば

あのAppleがFeliCaの便利さを認めてiPhoneにも導入したと言えますね!

 

※一部ではやはりNFCの処理速度について諸外国でもApplePayへの不満が多く、それの改善も狙っているらしいです。

 

 

今までiPhoneの購入を考えたことが無かった僕も今年の新型iPhoneは購入するか悩むことになります笑

何よりSuicaを挟める事を売りにしてた手帳型のiPhoneケースを販売してたメーカーはもっと悩んでるんじゃないですか?笑

 

 

【9/8追記】

iPhone7が正式に発表され、FeliCa搭載が確定しました!

10月後半からiPhoneでもモバイルSuicaが使えます!

いよいよiPhoneを買う時が来たのかもしれませんね・・・!