SEとして英語力の無さを痛感・・・TOEICスコアアップ大作戦!

スポンサーリンク

こんにちわ。じゃんです。

 

f:id:jan2224:20160902225738j:plain

皆さんは英語使えますか?

僕は学生時代から苦手科目でした・・・。

今回はそんな僕がTOEICのスコアアップを目指す話です!

 

 

 

SEとしての英語の必要性

普段SEとして仕事をしている僕ですが、毎日自分の英語力の無さに困っています。

特に日本でプログラミングを職業にする場合は英語ができないと色々と困ります。

 

プログラミング言語は英語がベース

どのプログラミング言語でもifやらforやら英語ベースで作られています。

そういった言語規則はもちろん、プログラミング言語は日本語を受け付けない(※)ので、プログラマーは自分で自由に命名できる関数や変数は英単語で命名します。

そのほうがアルファベットで並ぶと英単語の方が読みやすいですからね。

例えば、

Suuji_Hairetsu

Number_Array

ほぼ同じ意味でも英単語で表示したほうが分かりやすいですよね!

ただ、英単語を知っていないとぱっと見でその英単語の意味が分からなくて結局時間がかかってしまいます笑

 

※最近は日本語プログラミング言語も開発されていますが、メジャー言語になることはないでしょう笑

なでしこ:日本語プログラミング言語

 

 

参考資料の豊富さ

現在、プログラマーでGoogle先生に頼らない人は存在しないです。

エラーやバグを生まないプログラマーは絶対にいませんし、それを解決する為の情報が今のネットには多く転がっています。

 

そう、英語で

 

当然ながら日本語を話すプログラマーなんて世界規模で考えれば圧倒的マイノリティです。

なのでネットでエラーやバグの参考資料を探す場合は殆どが英語で記載されているサイトを読みふけることになります。

 

というかそもそもプログラミング言語の仕様定義書が英語ですからね・・・。

 

TOEICのスコア

プログラミングだけで考えれば専門の技術英語とある程度の読解力があれば、参考資料が載っているサイトを読め、業務上大きく困ることは少ないかもしれません。

 

しかし、僕自身プログラマーとして一生やっていくつもりはなく、

将来的にはプロジェクトマネージャー職を目指しており、オフショアなどでグローバルな業務展開が予想されます。

そうなると技術英語はもちろん、英語でのコミュニケーションが必要かなぁと思っていました。

 

そして数値として自分の英語力を見る一つの基準としてやはりTOEICが手っ取り早いですよね。

TOEICのスコアが査定に影響する企業も多いと思います(実際、僕の会社もそうです)

 

なのでTOEICのスコアアップを目指すことにしました!

 

通信教育を受けてみる

僕のTOEICのスコアは入社時に受けて450点くらいでした笑

だから英語ニガテなんですってば・・・

もう数年前の受験なので今はもっと低く、400点も取れない気がします。

 

そこで昨日(9月1日)から産業能率大学の3ヶ月で550点を目指す通信教育を開始しました!

通信講座(通信教育) | 産業能率大学 プロカレッジ

テキストは週5日の勉強スケジュールが組まれており、リスニング用のCDなどもついていました。

平日は通勤時にリスニングして帰宅後にテキストで問題を解く。

これでどこまでスコアが伸びるのか乞うご期待ください!

 

目標は12月の試験で550点超えです!

3回の模擬試験などもついていたのでそれは受験次第、報告していきたいと思います。

皆さんの中にオススメの勉強法とかあれば是非コメントかTwitterで教えてください!

 

 

ブログで宣言することで自分自身にプレッシャーをかけて頑張ります!!