Googleの新OS AndromedaはOSの世界を変えるのか?

スポンサーリンク

こんにちは。じゃんです。


皆さんはOSと言えば何を思い浮かべますか?
Windows?mac?Linux?
それともモバイルのAndroidやiOSでしょうか?

これからはAndromedaかもしれませんよ!
f:id:jan2224:20160929064447j:plain


Andromedaとは

ここ数日、ネットではこんなニュースが流れています。

AndroidとChrome OSを統合した新OS『Andromeda』、Google製の超薄型ノートPixel 3と同時発表? - Engadget Japanese

そうです、Googleがモバイル用のAndroidとデスクトップ用のChromeOSを統合させた Andromedaを次世代のOSとして開発しているらしいのです!


Android

Androidは言わずと知れた多くのスマートフォンに搭載されているモバイル用のOSですね。
2008年にVer1.0がリリースされて以来、8年近く経過した現在では7.0のNougarまでリリースされています。
オープンなOSという事で端末メーカーがこぞって採用し、現在最も利用されているOSと言われています。


ChromeOS

一方のChromeOSですが、こちらもGoogleが開発したデスクトップ用のOSです。
Androidで蓄積したノウハウをベースに開発され、その他のデスクトップ用OSとは異なり、 ファイルブラウザなどの考えがなく、ほとんど機能をChromeブラウザからWebアプリケーションとして利用するOSです。
Googleが製造に加わっているChromebookに搭載されていて、日本ではあまり目立っていませんが米国では教育分野や法人向けで普及していたりします。
(日本ではASUSがChoromOS搭載端末を販売しています)

しかし、Webアプリケーションとして利用するという特性からネット環境への接続がほぼ必須な事もあり、 Androidに比べて市場シェアは奪えていません。
(単純にWindows、macが強いというのもありますが・・・)


統合する意味

AndroidとChromeOSでモバイル、デスクトップ環境のOSはカバーできているという見方もできますが、 実は意外と親和性が低く、Googleとしてもアプリなどの資産を上手く共有できていないと感じていたんだと思います。
そこでいっその事、一つにしちゃえば良いじゃん!ってことなんでしょうか笑

確かにそれぞれのOSで蓄積したノウハウを上手く混ぜ合わせることができればより良いOSになるような気もしますが、 果たしてそんな簡単にいくんでしょうか?

Windows10もモバイルとデスクトップ両方で使えるが謳い文句でしたが、 元々かなり市場を占めていたデスクトップ版はまだしも、 モバイル版はAndroid、iOSの牙城を崩せていない状況です。

そこを考えるとGoogleがAndromedaを出しても Windows、macのデスクトップ環境を崩せるとは思えず(実際、Chrome OSでも全然でしたし)、 モバイルも自身のAndroidが壁になるのではないでしょうか。
(AndroidからAndromedaへ何らかのスムーズな移行ができれば別でしょうが・・・)



発表は?いつから使えるの?

そんなAndromedaですが、 10月4日に予定されているGoogleの新製品発表会で何らかのアクションがあるのではと言われています。
この発表会では元々、Android7.0を搭載した新型のNexusシリーズが発表される見込みでした。
しかし、実はこっちのOS発表がメインなのではとまで言われ始めています。
何なら新型NexusはAndromedaを搭載している!という噂まであります
・・・流石にこれは噂の域を出ないですね笑

今回流れているリーク情報では17年の第3四半期にAndromedaを搭載した端末が出ると言われています。
それが本当ならまだ1年近くあるので今回はOSのみの発表と考えれば妥当なスケジュールに感じますね。



近年のOS市場シェア

ではこの新OS AndromedaはどこまでOS市場に食い込む事ができるでしょうか。
というかそもそもAndromedaがどのようなOSなのかも判明していないので、それぞれ(デスクトップとモバイル)で分けて考えてみます。


デスクトップ用OS

デスクトップ用OSは2016年6月時点で
Windowsが89.79%
macが8.19%
Linuxが2.02%
となっています。
(参照:http://news.mynavi.jp/news/2016/07/03/035/)




あれ?ChromeOSは?笑


最近ではmacのシェアが増えてきているようですが、やっぱりWindowsが断トツですね・・・
OSとしてもそうですが、やはりOffice製品があるのが強いですよね。
日本のビジネスでMicorsoftのExcel使わないってのは無理ですもん・・・!
(そのせいでSEは試行錯誤する羽目になってるんですが笑)

ChromeOSが教育分野で少し存在感を出しているように Andromedaも一部でのシェアは取れたとしてもメジャーOSになるのは難しいように思います。


モバイル用OS

一方のモバイル用OSは
Androidが65.58%
iOSが27.24%
Windows Phoneが3.26%
です。
(参照:http://news.mynavi.jp/news/2016/07/04/133/



やはりAndroidが圧倒的ですね。
ここはAndroidのライバルとして登場するよりは純粋にAndroidの新Verとして展開していくんでしょうか。
端末メーカーにもよりますが、既存端末へのアップデート対応がされれば問題なく普及していくでしょうね。
むしろ、新OSとして売り出していくことでiOSからどこまでシェアを奪い取れるかが鍵になってくるかと思います。


まとめ

モバイル用OSのAndroidとデスクトップ用OSのChoromeOSを統合したAndromeda
それぞれの良さを取り入れ、高い親和性を保つことが出来れば、 Androidからスムーズに移行させモバイル市場を維持しつつ、そこを起点にデスクトップ市場のシェアも奪っていく。
GoogleとしてはChromeOSの反省を活かして、新OSで挽回を図る戦略なんでしょう。
流石にそんな簡単な話ではないと思いますが、OS市場に旋風を巻き起こしてくれるでしょうか?

どちらにせよユーザーとしてもSEとしても新技術、新OSが出るのはとてもワクワクしますね!
今から10月4日のイベントがとても楽しみです!



【10/5追記】 残念ながらイベントではAndromedaの発表はありませんでした。
ただ、色々なリーク情報からみるに開発中なのは本当でしょう。
あとはいつ発表されるか・・・!ですね!

www.janblog.net