【レビュー】Fitbit Charge2を早速購入!傾きセンサーが良くなった?

スポンサーリンク

こんにちは。じゃんです。

 

 

Fitbitの新しいウェアラブルデバイス

Fitbit Charge2

が21日に発売開始となりました!

早速購入しましたのでそのファーストインプレッションです。

 

 

 

Fitbit Charge2とは

Fitbit社から販売されているウェアラブル端末の最新モデルです。

腕時計のように着けることで運動を記録したり、睡眠時間を測ってくれます。

詳しくは過去記事にまとめています。

 

www.janblog.net

www.janblog.net

 

 

 

パッケージ

パッケージはそこまで目立つわけでも地味なわけでも至って普通な感じです。

ただし、箱の作りはなかなかオシャレにできています(個人の感想です)

スポッと外側のケースを抜いたら横開きの箱でした。

最近、こういう横開きするパッケージ製品が多いような気がします。

こういった箇所からこだわって作られているとユーザーとしてもワクワク感が高まって良いですよね!

 

 

f:id:jan2224:20161021203023j:plain

パッケージ表

 

 

f:id:jan2224:20161021203026j:plain

パッケージ裏

 

 

f:id:jan2224:20161021203027j:plain

外側の箱が抜ける形になっています。

 

 

 

f:id:jan2224:20161021203031j:plain

中の青い箱は最近流行りの横開きタイプ。

それを開けるとCharge2本体説明書充電器が入っています。

 

画面が大きくなるも厚みも増加

では、早速本体を見ていきましょう!

画面はHRに比べて4倍大きくなったということで確かにに表示面が大きい!

これのおかげで今までよりも表示画面のデザインが増えました。

アナログ時計っぽい秒針を表示させたり、歩数や心拍数も同時表示できるようになっています。

個人的には日付を同時表示できるようになったのが凄くありがたいです。

これでより”時計”としても使えるようになりました!

 

また、サイドのボタンも大きくなったので押しやすくなりましたね。

 

 

f:id:jan2224:20161021204233j:plain

画面が大きいので表示面は増えましたが、その分HRに比べてリストバンド感が薄れています。

ここの評判は個人の好みによって左右されそうですね。

 

 

f:id:jan2224:20161021204239j:plain

HR(左)との比較

バンドの色はどちらもブルーを買いましたが、違いは無さそうです

(HRは1年使ったので若干汚れていますが・・・)

 

 

f:id:jan2224:20161021204243j:plain

あと地味に変わったのがバンドの留め金部分!

HR(左)と比べると留め金部分が柔らかくなりました(どう表現すれば良いか分からない笑)

なので付け外しがしやすくなったように感じます。

 

 

f:id:jan2224:20161021204246j:plain

全体の厚みはHRから若干厚くなっていますね。

バンド付け替えを可能にしたため、バッテリーの確保のためでしょうか?

微妙な差ではありますが腕につけると思ったより出っ張ってる感じがします。

 

 

 

クリップ型の充電器

そしてCharge2で大きく変わったのが充電の方法です!

HRでは独自の充電ケーブルを裏面に挿すタイプでしたが、Charge2ではクリップ型になりました。

結局は独自の形式ですが、自然に外れることはなくなりましたね!

個人的には悪くないと思っています。

 

 

f:id:jan2224:20161021204942j:plain

クリップ型の充電器。

ケーブルが結構長くなったので取り回ししやすくなりました。

HRの時はかなり短かったので評判が悪かったんでしょう・・・笑

 

 

f:id:jan2224:20161021204825j:plain

本体につけるとこのような感じになります。

クリップは本体の横のスイッチの部分に穴が開いているのでそこに合わせて挟む形になっています。

まだ慣れてないので難しいですが、そのうち楽につけられると良いなぁ。

 

 

傾きセンサーの感度が良くなった

まだ1日も経ってないので具体的な感想は後日に改めて記事を書こうと思いますが、

ぱっと感じたのが傾きセンターの感度が良くなったように思います。

このCharge2やHRは時計の役割も持っていて、普段は画面は何も点灯していません。

しかし、普通の時計を確認するように手首を傾ける動作をすると画面が点灯して時刻を表示します。

HRの頃はこのセンサーがあまり良くなかったのか時間を確認しようとしても反応せず、画面が暗いままという事がよくありました笑

しかし、Charge2のセンサーは改善されたのかきちんと反応してくれます!

むしろ、反応良すぎて時計を見ようとしていないのに表示されています・・・

ここはアプリ側で感度について調整できたりすると良いですね。

 

 

まとめ

HRから画面が大きくなった事で視認性が向上したFitbit Charge2。

新機能のガイド付き呼吸セッションなどはまだ試せていませんが、既に満足感は高いです

ただ、HRと機能は大きく変わっていないので、HRユーザーの方がわざわざ買い換えるには至らないかなぁと思います。

僕はHRとのバンドのゴムがびろびろになっていたのもあって、買い替えましたが笑

値段は従来のHRと同じの21,000円前後です。

そしてHRは販売終了のようでAmazonでは値引きされていますね!

 

初めてのウェアラブル端末としては少し高いかもしれませんが、それに見合う価値はあると思います。

自分の普段の生活リズムや歩数など色々記録してくれることで「思った以上に普段動いていないなー」って気づきになりますし、普段バリバリ運動されてる方はそれを記録することで励みにもなると思います。

睡眠も自動記録してくれる事で睡眠の質や長さに気を使うようにもなりますよ!

 

 

Fitbitではアプリで友達登録すると他の人の記録も見ることができます。

僕の周りにはFitbit使ってる人がいないので試したことがないですが、周囲の人を巻き込むことでよりモチベーションが高まるんじゃないですかね?

どなたかFitbit使っている(これから買った)人がいましたら、是非ライバルとして登録させてください笑

 

 

 

 

換えのバンドもすでにサードパーティから販売されていますね!

種類が増えれば様々な場面で使いやすくなりますね!これから更に増えることを期待しましょう!