GalaxyNote7の販売中止が決定・・・どうする俺!?

スポンサーリンク

こんにちは。じゃんです。


f:id:jan2224:20160911210226j:plain このブログでも何度か取り上げてきたGalaxyNote7の販売中止が決まりました。
日本で販売開始されたら買おうと思っていただけにショックですね・・・




問題の経緯

GalaxyNote7が販売中止になるまでの経緯を改めて振り返ってみましょう。
まず韓国を始め全世界で販売開始されたのが8月19日。
性能やデザインに関して販売前から非常に評判が高く、歴代でも有数のGalaxyになるともっぱらの話でした。
特に春に発売したGalaxy S7/S7 edgeの売れ行きも良かったため、Note7の販売で更に加速し、サムスンの業績は一気に回復する!みたいな空気でした。

日本でもサムスンジャパン代表の「期待に応えられるよう全力で進めている」というコメントから久しぶりのNoteシリーズ販売が期待されていました。

最初の爆発

そんな期待値の高かったNote7ですが、販売開始直後から本体の爆発がTwitterなどのSNSで相次いで報告され始めます。
スマートフォンではどんな機種でも"正規品でないケーブルで充電した"等でバッテリーが爆発する事例があるにはありました。
しかし、今回は正規のケーブルを利用しても爆発、さらには報告件数が圧倒的に多い事からすぐに「何かある」という雰囲気にネットは騒然となります。

リコールとその対策

そしてサムスンは9月2日に全世界で出荷と販売を停止。
その時点で販売された250万台に対して交換、払い戻しを行うリコールとなります。

この段階では爆発事故は35件あり、原因はバッテリーと発表します。
それも問題があったのは自社グループであるサムスンSDI製のバッテリーということが判明しました。
(GalaxyNote7のバッテリーの供給元は2社あり、サムスンSDI製の端末は全体の65%)

その発表を受けて全世界の航空会社で利用や充電が禁止となり、機内アナウンスで端末名まで指定されるなど異例の事態となっていきます。
(この辺りから日本でもニュースになり始めます)

サムスンはIMEI番号で交換が必要かどうか確認するサイトを公開するなど、全力で問題品の回収に取り組みます。
この時点では「問題はあったけどNote7は良い端末だから交換すれば大丈夫」という雰囲気でした。
実際、S7やS7 edgeへの交換もできましたがほとんどの人がNote7に交換していたそうです。
僕自身も問題はあっても日本で発売される頃には落ち着いてるだろうと思っており、購入候補の筆頭でした・・・。

そして今月の初めから販売が再開されます。

リコール後の交換品でも

こうして収束していくだろうと思っていたのも束の間、事態はさらに深刻になっていきます。

10月4日にまた航空機内でNote7が発火する事故が発生します。
しかもこれは9月21日に交換した対策品で更に電源は切っていたらしいのです!

そして販売中止へ・・・

これを受けてついにサムスンは10月11日にNote7の販売を中止する決断をとります。

まぁ、リコールで交換した製品が1ヶ月も経たない内に発火するなんて事態になるとそうせざる得ないのでしょうね。
そもそも最初に発表したバッテリーが原因というのも本当なのか不明になってきます。
Note7自体はとても良い端末(に見えてた)のでここはもう少し時間をかけてでも問題を調査し、再発防止を徹底してほしかったですね。


日本でのNoteシリーズ販売がまた遠のく

冒頭でも書いたとおり、日本での販売開始も期待されていたNote7。
先週にはドコモの冬モデルとしてパンフレットも準備されているとのリーク情報がありました。

しかし、今回の件で国内販売はまず無くなったでしょう。
(そもそも端末が製造されてないですしね笑)

Note3以降、国内でのNoteシリーズの販売が無かっただけにとても残念な結果となってしまいました。


iPhone7Plusに傾く思い

僕は元々GalaxyNote7を買おうと思っていました。
その際に対抗機種になるであろうiPhone7Plusと比較記事なんかも書いてました。

www.janblog.net


しかし、ここでNote7が販売されないとなるとiPhone7Plusへ一気に気持ちが傾いてきました笑
ここ最近はAndroidからiOSに乗り換える事のメリット、デメリットについて検討し始めています笑

その内iPhone7Plusのレビュー記事書いてたら察してください笑